身近になった二重の手術|豊胸にはクリニックが常識|自信満々な胸になる

豊胸にはクリニックが常識|自信満々な胸になる

婦人

身近になった二重の手術

眼

手術の種類と特徴

理想の目元を手に入れるため二重整形手術を希望する人は多くかなり一般的になりました。そのため二重整形を検討している方も多いのではないのでしょうか。二重整形には埋没法と切開法の二つの方法があります。埋没法とはまぶたに糸を埋め込んで二重を作る方法です。目を開けるときに動く筋肉と皮膚の裏側を糸で結ぶことで筋力によって皮膚が引っ張られ二重まぶたになる仕組みです。術後の腫れは数日で落ち着きその後は少しむくみがでます。完全にむくみが落ち着くには約4週間かかります。日本では二重整形の8割から9割をこの術式が占めています。切開法には全切開と部分切開があり全切開は二重の幅を3cmから5cm程切開します。術式は埋没法と同じですが二重の持ちが良くなります。部分切開は二重の幅を1cmから1.5cm切開しますが一部しか切開しないので二重の状態が消えにくくなるような術式といえます。

二重手術のリスク

二重整形は昔より一般的になったため誰でも施術を受けられるようになりました。その反面失敗例が増えているのも現状です。どのような失敗が起こり得るのかを知ったうえで決断する必要があります。埋没法の最大の欠点は埋め込んだ糸がゆるんでしまうことです。徐々にゆるんでしまうこと自体は失敗ではありません。しかし数週間でとれてしまうようなら施術の失敗である可能性があります。また使用する糸はナイロンなので抜き取らない限り残ります。まぶたの皮膚は薄く弱いため埋め込まれたままになると負担がかかります。切開法はメスを入れるため失敗した時のリスクは大きくなります。まぶたの薄い皮膚にメスを入れるわけですから負担は大きく手術の難易度も上がるのでクリニック選びは慎重に行う必要があります。